働くママが、会社辞めたくてアフィリエイト

子供産んで育ててみたら、「おかえり」を言う生活がしたくなりました。

アフィリエイトのこと

売れている商品に倣ってみる。

こんにちは、新たなアフィリネタを求めてさまよっているグリコです。

とりあえずは、今(スケール小さいながらも)コンスタントに売れている商品に倣うのが良いかと思い、その商品と紹介記事を見直してみている次第です。

見直すと言っても、1記事だけですからね。一瞬で終わります。。。

思いついた順にメモ。

◎記事内容は、私が実際に購入するまでの右往左往メモ。アフィリ記事としての出来は良くないが、リアリティだけなら満載。

◎記事内で紹介(比較)している商品は、有名どころの4つ。同じ目的で使う商品の、メーカー違い。4つ以外にも商品は存在するが、比較検討されるのはほぼこの4つと思われる。

◎一般的に複数種類買われることはないし、リピートもされない。が、検索してくる人は、ほとんどの場合、購入自体は決めている。

◎商品に関連する主なキーワードの月間検索ボリュームは、いずれも10〜100。(少ない!)

◎商品単価は、2,000円〜5,000円(端数省略)

◎どのメーカーを買うか迷ってはいるが、最終的な決め手は「好み」の世界。

◎取り扱いASPは楽天とアマゾン。各メーカーの公式サイトでも買えるが、公式で買う人はまずいないと思われる。

◎報酬単価は、48円〜124円(一番多く発生するのは、アマゾンで117円)

◎発生件数は、月平均10〜15件くらい。

◎繁盛期は、3月だと思っていたが、12月に意外と売れた。(3月はまだ未経験)

◎今後も10年くらいは需要がありそう。逆にいうと、それ以上は厳しそう。

こんな感じ?

要約すると、楽天アマゾンで気軽に買えて、値段もそんなに高くなく、比較検討の対象が少ない上に最終決定のポイントが「好み」なので紹介者(私)に責任があまりない、ということでしょうか。

要約の仕方が間違ってる?

でも、私の拙いブログでもなんとか売れている要因は、そういうところにあるんだと思う。

あとはあれか、最大のポイントは、検索する段階で購入の意志がほぼ固まっているということ。

買うかどうかを迷っている人を後押しするわけではないから、ライバルさえいなければ、比較的楽ですよね。

ちなみにライバルは、いないんです。今の所。

あれ? むしろこっちが最大のポイントか。

購入の意志がある検索ユーザーがいくらいても、紹介記事がライバルに負けてたら意味ないですもんね。

 

それで、まあ、そんな感じで、ラッキーなことにコンスタントに売れているので、似たような属性で、私が今後買うことになりそうなもので、他の商品を探してみてるんですが、、、

ほぼ同じパターンでいけそうと思えるものは、2つ。

しかし、価格帯もほぼ同じなので、成功しても、月間収益+2,000円レベル。。。

勝算があるならやらないよりはやったほうが良いとは思いますが、これらの案件では稼ぐと言えるほど稼げるようにならない。

ので。

「私が今後買うことになりそうなもの」から一歩進んで、記事を書くために買ってみる、ということにもチャレンしてみたいと思います。

 

という、アフィリエイトに取り組む上ではあったりまえのことを実行する(ために決心する)のに、1200文字使うとか。

 

道のりは遠い(´・ω・)

 

銀行とスーパーと歯医者とお迎えいってきます。

-アフィリエイトのこと