働くママが、会社辞めたくてアフィリエイト

子供産んで育ててみたら、「おかえり」を言う生活がしたくなりました。

つぶやき

思うところがあり過ぎて。

ご無沙汰しています、グリコです。

忙しいのもありますが、ここのところ悶々と考え込んでいて、いろいろ停滞しています。

以下、推敲なしの殴り書きですので、どうしてもおヒマな方のみ、お読みください。なんだそれw

 

<思うところ①>

先日、保育園のママ友さんとランチしたときのこと。ふるさと納税の肉が届いたという話から、税金の話になりまして。

そのママさんいわく、

「税金ってほんと高いよね〜。住民税とか特にありえない! 年間50万分も恩恵にあずかってないっての!!!(怒)」

だそうで。

 

えーーーーーーーっと。。。

 

サクッとおっしゃってますけども。

住民税50万って、

じゅうみんぜいごじゅうまんえんって、

 

年収900〜1000万クラスってことですよね?

 

(  Д ) ⊙ ⊙ !!!

 

 

目玉が飛び出ましたわ。心の目が。

しかもこれ、ご主人のじゃないのよ? ママさん本人の話なの。

私より若いのに、そして保育園に預けている時間が私と同じなのに、すっごいですね!!!!!!

私なんて、身体壊す勢いで残業しまくっても、そこまで稼げない。。。

1千万という金額自体はこの際どうでも良いんですが、「子供に同じだけの負担をかけて、こんなにも違う成果」という部分に、かなり打ちのめされました。

もちろん、業種とか職種とか、個々の企業によって給与水準がさまざまなのは理解しているので、今の私の仕事での成果としては、問題があるとは思っていないんです。

ただ、「働く母」としての、わかりやすい評価基準での差が こんなにも大きく生じてしまっている現実に。

そして、

お互いに、将来家庭や子供を持つとか、家を買うとか、そういうことをしっかり考えて選んだ職業なわけではないという、ある意味なんとなく成り行きで今の仕事をしている(と、そのママさんも言ってた)、という同じ条件の中で

こんなにも差が生じてしまっている。

そういう風に歩んできてしまった。

そういう風に選び取ってしまった。

そうじゃなかった人もいたのに。

と思うとね。

 

なんとも

「あ〜〜〜あ……orz」

って感じでして。

 

仕事キライじゃないし、むしろ職種としては好きだし、私ひとりの人生だったらまったくノープロブレムなんですけどね。

 

「おかあさん、もうおしごとしないで」

「せっかく  いま  たのしいのに」

 

と言ってくれる子供がいるのに。

そう言わせるくらい、私が仕事することは子供の負担になっているのに。

と思うとね。

 

ああ、書いたらまた泣けてきた。。。

 

とはいえ。

仕事をしないという選択肢は、もう感覚として「ありえない」ので、もちろん仕事をやめたりはしないのです。

ただ、やっぱり働き方だよね…と。

 

そのために始めたアフィリエイトだけれど、、、

それさえも、今となっては下の子のことで、悶々としちゃって停滞中だし。

 

って書いてたら、下の子起きてきたよ。

あーーーーー、可愛いな。

ほんと、食べたいくらい可愛い。

なんで食べられないんだろうね。ぜったいおいしいのに。

そして泣ける。可愛いすぎて。

 

こういうのを、情緒不安定と言うんだZE!!

ということで、思うところはまだまだあるので。

きっとまた続きを書きます。

 

とぅーびーこんてぃにゅーーー!!!

※ユニット名しか知らないので、選曲に意味はありません。

-つぶやき