働くママが、会社辞めたくてアフィリエイト

子供産んで育ててみたら、「おかえり」を言う生活がしたくなりました。

つぶやき

薬事法の壁が高過ぎて越える気にもなれない話

こんばんは。グリコです。

※長い上に態度悪いです。

 

このたび、私にしては大変珍しく、美容系ジャンルでレビュー記事を書きたい商品が出てきたんですよ。

で、そうなると気になるのは、薬事法じゃないですか。

何が良くて何がダメかは、なんとな〜くうっすら知ってはいたんですが、今回初めてちゃんと調べてみたんですよ。

そしたら…

ま〜あ、厳しいこと!!!

と言っても、ネット上に転がってる情報を拾っただけなのでね、私の拾いどころが間違ってるだけなのかもしれませんけど。

例えば

医薬部外品
「治癒効果がありそうな、効果を期待させるような表現はNG」

化粧品
「効果効能に触れるのはNG、体験談の場合、使用感の記載のみOK」
「ビフォーアフターの写真もNG」
→理由:効果があることを立証していることになるから

 

みたいなことが書かれてました。

複数のサイトで。

 

 

えーっと…

 

ごめん、ぜんぜんわからない(´・ω・`)

 

私がシロウトだから?

 

シロウトだから、わからないの?

 

なぜ、効果を期待させてはダメなの?

 

みんな、効果を期待して買うんじゃないの?

 

効果には個人差があるだろうことや、この記述が個人の感想だということを書いても、ダメなの?

 

例えば美白化粧品を使って、実際に効果を感じたとして、「美白効果がありました!」って書いちゃダメなら、いったい何を書くの???

 

ヒンヤリしたつけごこちで、火照った肌もクールダウン。しかも、透明感ア〜ップ♡

とか、眠たいこと書いとけばいいの?

 

それで売れるの?

 

肌だかシミだかを今現在より白く薄くしたいと希望している人が、ヒンヤリして透明感アップって言われて、納得するの?

人間の肌状態を表現するに当たっての「透明感」とか、めっちゃ気分語だよね。

そんな不確かなもの、私ならいらないんだけど。

ヒンヤリに至っては、美白と一切関係ないしね!

 

と、自分で書いた例文に自分でキレてみる午前0時。

 

いやーもう、ぜんぜんわからない。

 

わからな過ぎて、脳みそがウニだわ。

 

ていうか、態度悪くて本当に申し訳ありません。

 

でもさ、

「私は白くなった!写真見比べてもわかるっしょ?ね?歴然!

もうすっごい感動!超おすすめ!

ま、でも、個人差あるから、他の人に効くかはわかんないけどね!

ものは試しっつーことで!じゃっ」

とかじゃダメなの?

 

まあ、さすがにこんなんじゃ、ダメでしょうけど。

 

でもさ、もし、今回私が辿り着いた情報が真実なら、そんな高い壁、挑みたくもないわー。

ってか、美容系アフィリエイターさんは、どうやって薬事法を乗り越えてるんだろう。

成功してるサイトを見てみたらいいんでしょうけどね。

美容系興味なさ過ぎて、見る気にならない(´・ω・`)

でも、勉強と思って見てみよう。

あとは、薬事法のちゃんとした資料も見てみたほうがいいよね。

 

うん。

 

とりあえず、寝ます。

乱文長文失礼いたしました。。。

-つぶやき